その①   その②   その③   その④   その⑤
その⑥   その⑦   その⑧   その⑨   その⑩
その11   その12


ピルを飲み始めると…
※2020/9/22 低容量  → 低用量に修正しました。ご指摘ありがとうございます!
2020-08-04-01
2020-08-04-02

ピルには1相性・2相性・3相性と種類があります。
詳しくは、ググるといっぱい情報出てきます。(投げやり)


PMSや月経困難症、子宮内膜症のために処方される場合、保険適用になるのですが、私がかかった病院ではピルの種類によって、保険の適用・不適用が決まるようでした。

金額の違いなどは、今度詳しく書きます。
※2020/9/22 書きました



ピルの効果は、私の場合ですが『飲んだらたちまち!』という感じではなく、ジワジワ〜っと良くなりました。

もともと生理痛はごく軽く、メンタルと疲労感に関わる症状がメインだったので、効果をすぐに感じられなかったのかもしれません。

…この連載書いてて思ったけど、私が自分の変化に対して鈍いせいもあるかもしれない。


フラッシュバックに関しては脳機能の問題もあるので、完全にはなくなりませんが、回数は少し減ったと思います。

あと、フラッシュバックを起こしても『ホルモンが変化している時期だからしょうがない』と割り切りやすくなりました。

この辺に関しては、その⑧をご覧いただくと分かりやすいかと思います。


その⑧の追記として、
生理不順で体調不良の予測がズレることがありましたが、ピルを飲んでいる間は、かなりその予測がしやすく、予定もコントロールしやすくなります。


私の場合は周期が長いので、体調の悪さもダラダラ3週間くらい続いたり…

終わりの見えない体調不良は、だいぶしんどかったのですが28日と決まっていると気持ちも楽です。


この「起き上がれない」っていう地味な症状も、体験したことがない人には「気合が足りないだけだろ」と思われがちじゃないでしょうか。


起立性調節障害などに罹られた方はわかると思いますが、これは根性論でどうにかなる話ではないです。

もちろん根性で起き上がる人もいますが、ずーっと頑張り続けないといけないし、その状態はやっぱり異常だと思います。

「100mを15秒で走れるなら、1kmを2分半で走れ」って言ってるのと同じです。


治療は「完全完璧な人間になる」のが目的ではないし、それは不可能です。

みんな何かしら病気や悩みを抱えていて、補い合いながら
(理想ですが)生きていますよね。


でもつい、「完全完璧」であることを求めがちで(特に小さな子供に対してや、女性のライフステージ問題など…)


なんかもっと、楽に生きたいよなぁ〜と思う今日この頃です。


【続き】


吹き戻しに怯えるあーちゃんの元ネタはこちら↓



icon_twi
icon_inst
icon_line