その①   その②   その③   その④   その⑤
その⑥   その⑦   その⑧   その⑨   その⑩
その11   その12   その13


今日は漢方薬の効果と、注意点など。
2020-08-05-01
2020-08-05-02

説明しよう!
「産後の肥立ちに効く漢方」は、もちろんそれ以外の症状にも処方される薬なのである!!


ただ、メインの効能にそう書いてあると、素人は手に取りにくいですよね…

「もう2年も経ってるし…産後なのか?コレは…」みたいな。


でもコレが効いた〜!
何ならピルより効き目が早かった気がする。

バセドウ病の薬を飲んだ時と同じように、お腹の中がボワッと暖かくなるのを1回だけ感じました。

多分、ピルでかなり良くなった所に、合わせて飲んだからより強く感じたのだと思います。


漢方薬、ツムラのおかげで(?)積極的に取り入れている先生も増えた気がしますが、効能に懐疑的だったり、「何が効いているのかは知らないけど、不定愁訴によく効くから出している」と言う先生もいる。


でも、女性の「数値はどこも悪くないけど、何となく体調悪い」には漢方が効いたりします。

ただ本当に種類が多いので、よく調べるか、漢方に詳しい先生にかかるのが良いと思います。


チラッと書いたけど、漢方専門の薬局は当たり外れが大きいので、これもよく調べてね。

『怪しい』っていうのはお店とか店主の雰囲気の話じゃなくて

「不治の病が治る!」とか
「アレルギーの根治!」など、

現代医学でありえない謳い文句を、堂々と宣伝しているような所ってことです。

そういうのは漢方だろうと何だろうと、簡単に信じてはいけません。
藁にもすがりたくなる気持ちは、よくわかりますが…


【続き】


2歳になった勇者の冒険の旅も、どうぞ↓



icon_twi
icon_inst
icon_line