今日から『私の母乳が出にくかった話』を続きもので描いていきます。

一応、ネントレ話でも軽く触れた部分ですが↓



当時の気持ちや、混合から完ミへ切り替えた部分を詳しく書きたいなと思います。

ネントレ関連記事も貼っておきます。


【ネントレ関連】
■0ヶ月からネントレした話【①〜⑨】
■SIDSと親の安眠グッズ 
■母乳が出にくかった話


ただ、読まなくても流れはわかるように描きます〜。

 

2020-12-11-01
なので、妊娠初期は本当に
「粉ミルクありがとう!」状態でした。

ただ、母乳とミルクの違いなどを念のため勉強しました。
2020-12-11-02


育児界隈では周知の事実ですが、育児経験がなかったり、周りに育児をしている人がいないと

「母乳が出ない、出にくい人がいる」

というのを知る機会は、意外とないんじゃないでしょうか。

哺乳類だし当たり前に出るでしょ?と勘違いしている方も結構いると思う。



私の場合、実母が出にくいタイプで、しかも折に触れてそれを教えてくれたので(よっぽど母乳指導が痛くて面倒だったらしい)知識自体はありました。


親が出なかったら子も出にくいか、というと必ずしもそうではないです。

が、結論から言うと私はまさに『親子で出にくい体質』でした。



そしてそれらの知識があったとしても、「産前や産後にどう気持ちが揺れ動くか」までは思い至らなかったのです…。


▼▼▼続きは一番下へどうぞ▼▼▼



コノビー投稿コンテストに投稿した漫画です。
ご覧いただき、ありがとうございました!