【ネントレ関連】
関連のお話。読まなくても流れは掴めると思います。 



母乳量、初計測!

2020-12-27-01
2020-12-27-02



本来、他人の母乳が出ていようがいまいが関係ないんですけどね。

こと新生児期に関しては、非常にナーバスになっていました。


1㎖って誤差やん。
あげてる意味あるんか?ないやろ?


などと自暴自棄になりつつ、麦茶をガブ飲みしていたわけです。

ガブ飲みしても、滲むくらいしか出ていなかったけど。(やけくそ)



娘一人しか育てたことがないので、当てはまらない子も多いとは思いますが、新生児〜生後3ヶ月くらいって

「今この刹那!このタイミングで!飲ませないと飲みきれない!!」

みたいな危うさがありました。


新生児期は本人に体力がなくて途中で寝ちゃうし、親の方もおっかなびっくり授乳しているので押しが弱いんですよね。

なので、看護師さんが圧強めにグイグイ飲ませてあげると、結構飲めちゃう。



無理に飲ませることが果たしていいことなのか?という点は賛否が分かれると思います。


ただ、低体重(2500g以下)で生まれた場合、夜中赤ちゃんがぐっすり寝ていても途中で起こして、母乳やミルクをあげるよう言われる人は結構いるのではないでしょうか。


哺乳力が弱かったり、よく寝る子だと、思うように体重が増えていかないこともあるので。

生理的体重減少(産後数日は胃が小さく飲める量が少ないので、体重が減る)もありますしね。



そして娘は退院後も、

「母乳・ミルク足りなそうだな」

と思って追加してきても飲まない(ミルク調乳の間に本人の気分が変わっている)とかザラでした。


それでお腹いっぱいなのかと思ったら、やはりいつもより早めに泣いたりするし…

何度ミルクを無駄にしたか分かりません




さて、年末年始にはちょっとダークすぎる展開になってきたので、このシリーズは年明けに更新予定です!


年内は1回くらい明るい漫画を更新できたらな、と思っています〜。



ちょっと不調のため毎日更新できませんので

LINEの読者登録か↓
icon_line

Twitterをフォローしていただけると、更新通知が行きます。

ぜひ続きも読んでいただけると嬉しいです。


▼▼▼続きは一番下へどうぞ▼▼▼

 
コノビー投稿コンテストに投稿しました。
ご覧いただき、ありがとうございました!
 
2020-12-07-01

export



54996937-DFCF-42E6-A923-9095F3137D05